<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

天井張替えをナメているすべての人たちへ

天井を張り替える事が人生で何回あるだろうか?考えてみたことある方はいらっしゃいますか?
建築関係のお仕事の方や、大家業の方ならともかく、僕には1回もありませんでした。

まあ、普通そうですよね。もし、何かの事態でやる羽目になったら参考になればと思って、作業内容をまとめてみます。

<準備>
脚立、石膏ボード(一人で貼れるサイズにカットされたタイプ)、コーススレッド(スクリュータイプの釘)、電動インパクトドライバー、よく切れる大型のカッターナイフ(オルファ 特大 黒羽がおすすめ)紙やすり(60~120番)、腰につける工具袋、助手1名

それと

20120303+013_convert_20120304005212.jpg

自作した下から助手が支える道具です。これが、あると無いのでは大違いです。作り方は長めの2✕2の棒の先にT字状に板を固定する金具を取り付け適当な細長い板(4.5mm位)をネジ止めして完成。コツはネジ止めした先をガムテなどで養生して天井材に傷をつけることを防ぎます。

<やり方>

1.1枚を持って脚立に上がり端にピタリと当て出来るだけセンターの近い位置にコーススレッドを打ち込みます。この際、インパクトドライバーにコーススレッドを装着する時、手が足りなくなるので、下から先ほどの道具で、抑えてもらうと楽です。
また、抑えている方の手に力が入りにくいので、位置がずれることがあります。打ち込む直前に位置を再確認しましょう。

2.センターへ打ち込む際連続で力を入れて打つとコーススレッドが天井材に食い込みすぎるので、指先の加減に気をつけてください。

3.1本固定できれば、後は四隅に打ち込んで完成です。

20120212+005_convert_20120304004541.jpg

全部剥がした状態から

20120212+001_convert_20120304010700.jpg

こんな感じで並べていきます。プロの方は1枚おきに半分のサイズの物を使い、天井の継ぎ目を意識させないようにするそうですが、正確に半分にカットする技術がないので、そのままのサイズで並べてしまいました。

20120212+010_convert_20120304004624.jpg

こんな感じでひたすら続けます。正直かなり肉体的に疲れる作業です。

20120220+003_convert_20120304022811.jpg

ようやく端を残すまでとなりました。この後は現物で寸法をあわせて紙やすりで微調整して手ではめ込んでも落ちないくらいの状態にしてコーススレッドを打ち込んで完成です。

20120220+012_convert_20120304023429.jpg

完成したのは完全に日が落ちてからで、作業灯1灯で撮影しました。
因みに完成まで3日間、1日半は端の切断と微調整でかかりました。

正直 素人には荷が重い作業でした。正直 人生においてもう1回やることが無いことを祈ってます。

次回は壁補修編に行きます。

ポチって頂けると励みになります。




関連記事

| リノベーション | 02時40分 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

| ビジネスマナーのメール | 2012/04/25 11:04 | URL |















非公開コメント:

http://garageofficediy.blog.fc2.com/tb.php/12-8d509d01

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
澪の出会い