<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

会社って必要?が許されるのは20世紀までだよね?

●起業って若者の特権?

以前、TV東京系列の番組で勝間和代さんが司会をしている「デキビジ」という番組がありました。
30分番組で、毎回、経済ニュースについてゲストと対談する内容です。

ある回で、2ちゃんねる元管理人のひろゆきさんをゲストに迎えて起業をテーマに討論するという企画がありました。

勝間さんの主張は”日本もアメリカみたいに若者の起業をもっと積極的に促してGoogleやFacebookのような物を作らなきゃだめだ。国の支援がなってない!”と割りと初めからハイテンションで話を振ると、普通のゲストなら”その通り!”的な相槌を打つのですが、ひろゆきさんは”何で若者が起業しなきゃならないんですか?もっと経験もあって信用もお金もそこそこある中年こそ起業すべきなのでは?”と空気を読まず反論。

その後グダグダになりながら平行線の会話が続き、勝間さんの名(迷)言「だめだこりゃ」が飛び出し、そのままカメラが引いてアナウンサーが一言二言でしめてCMというすごい打ち切り方で〆たある意味すごい番組でした。
その時の内容をまとめた動画です。

●本当にアメリカって若者が起業する国なの?


NewsWeek紙2010年9月によるとアメリカでのベンチャー企業、起業時のCEOの平均年齢は39歳 別の調査では起業家の割合が最も高い年齢層は55〜64歳。55歳以上の人が起業を成功させる確率は、20〜34歳の人より2倍近くも高い。

確かにマーク・ザッカーバーグは天才的だが、彼一人で成功したわけではない。ベンチャー投資家による経営支援がなければ、単なる人間関係の分からない変わってるけど腕が立つプログラマーで終わっただろうし、グーグルも、大学がその先見性を認め、教授陣から経営者を迎えていなければ、単なる電気窃盗で捕まった若気の至りが過ぎた愉快な学生で終わったでしょう。

これらは、必然的に生まれてきたのか?と言えば否であると思います。彼らの才能と時代が求めていたニーズと彼らを支える人々が偶然ぶつかって出来た産物と考えたほうが自然ではないでしょうか?

その象徴としてアメリカのベンチャー企業の本質は多産多死です。少々古いデータですが1984~93年の10年間でNASDAQで新規上場した企業は6377社 登録取消が5667社 約90%が入れ替わっています。ある意味、その会社の存在を明らかに市場に任せています。これに対し同時期の日本の店頭市場では公開が442社登録取消が88社 約20%の入れ替え率となっています。 どちらが優れているとかというよりも、社会のシステムが違うのでこういう結果になっているのでしょう。


●じゃ日本の起業状況ってどうなのよ?


2010年の起業家の平均年令は42.6歳 平均年商5000万 平均40%の方が自分の給料も出ていない状況と思われます。
正直、この数字だけを見ると、中年起業って立派なギャンブルの域に達してると思います。

でも、ちょっと考えて下さい。この数字の内訳、特に給与すら出ない40%の人がなんでうまく行かないのか?
この数字にはリストラされて何の準備もなく商売を始めた方も、自信満々で退職して開業したけど、頼りにしていた人たちは自分ではなくバックに居る会社と付き合っていたので、目論見が外れて首がまわらない人。失敗の理由なんっていくらでもあります。この経営破綻のリスクを最小限に減らすためにはどうしたらいいか?習ったことはありますか?僕はありません。

大学で経営学を学ばれても、ケースステディーは大多数が大企業です。マーケティングのサンプルはコーラやトヨタ、SONY。そんな物はこれからの10年後に必要になるかもしれませんが、明日の仕事では使いません。因みにMBAには見込み客のリストを収集する方法も、効果的なセールスプランも習う機会がないそうです。それは外注企業か下々のポジションの仕事だから覚える必要がないという考えらしいのですが・・・・・。まあ そういう人が集まるとリーマンブラザースやGMみたいになるのでしょうね。

●日本の起業環境で足りないものは制度でも根性でも資金でもないのでは?

僕も、最初の休職の際、資格が欲しくて中小企業診断士のテキストを買いましたが、改めて中を見ると、そんなことには触れていません。その事に気づいて以来テキストは押し入れの奥に放り込みました。小さく、しなやかな組織と細やかなユーザーコミニュケーションを両立したコンパクトなビジネスを作りたい。でも、診断士の必要要件にはそのようなモデルはないようです。正直、何度か無料経営相談を受けてみましたが、ピンとくる回答をしてくれた方には出会えませんでした。

僕は小さな会社を経営する方法を本屋や図書館で探した時、日本人の書いた本で見つけることが出来ませんでした。
もう少し正確に書くと、あるのは、中小企業の研究が専門の大学の先生の本か(もちろん自分で経営したことはないから、理想論が語られている)、成功した中小企業の社長の自伝(5年後に正規の価格で本屋に並んでいたら本物、大体はブックオフで100円で売られてる)、それと当たり障りのない営業の基本マニュアル位しかありませんでした。

例外的なのは神田昌典さんのDRMについて書かれた本。中小企業が差別化し、生き残る方法について詳しく解説されています。また、海外の筆者に目を向ければマイケルEガーバー(はじめの一歩を踏み出だそうは名著です)ドナ・フェンのアルファドックカンパニーなど中小企業を数多く成功に導いた方の本や中小企業の経営者から学者になって軌道に乗せるまでの条件を研究している方などが、参考になりましたが、やはり、まだまだ知りたいことがたくさんあります。

●もっと学ぶことで、破綻するリスクを減らせないか?

会社に務めていると、特定の業務には強くなりますが、すべてを見渡すことはできません。その為にはもっと勉強する必要があると考えています。切磋琢磨と言うとギスギスした感じがして嫌なので、ともに成長できる組織を作りたい。その為には今の給付が出ているうちに体を気にしつつ、勉強できる場所をと考えて事務所をつくるというアイディアが浮かびました。

疲れたので今日はここまでで

次回 本当の理想の組織、それを体現する事務所について書きたいと思います。
その後はまたDIYへ話が戻りますのでもう1話お付き合い下さい。







関連記事

| 起業論 | 03時46分 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑















非公開コメント:

http://garageofficediy.blog.fc2.com/tb.php/17-27619694

まとめteみた【僕の起業のレベルが低すぎるけど志だけは高い件について】

●起業って若者の特権?以前、TV東京系列の番組で勝間和代さんが司会をしている「デキビジ」という番組がありました。30分番組で、毎回、経済ニュースについてゲストと対談

| まとめwoネタ速suru | 2012/03/19 06:44 |

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
澪の出会い