FC2ブログ

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

野鳥の掟があまりにも酷すぎる件について

着々とガレージオフィスのDIY作業は進んでいます。
その間、自分にとって重要な出来事がいくつか起きましたので、まとめてみました。

●ペットロス
プライベートなことなのですが、先週金曜の夜、食事に出かけようとしたら、傷ついた野鳥が玄関先でうずくまっていました。
何か、糊のような物がベッタリとついて飛べなくなっています。このままだと近所の野良猫の餌食になるのは必死だったので、電話を何本もかけ、開いている病院へ連れていきました。

先生の診断によると、工業用の糊のような物が尾羽について飛べなくなっている。右足が開けなくなっていて、何らかの障害が他にあるのではないか? ただ、野鳥は勝手に治療できないそうなので、その日は引き取って週明けに東京都環境局 野鳥保護課へ相談するよう言われました。

グーグルで調べ、食べられそうなみかんと水を与え、月曜日に担当課へ電話してみました。

「野鳥なのでそのままの状態で、外に放置して欲しい」????
「猫に食べられても?」
「それも自然の摂理ですから」

保護してないじゃん まあ生態系に人為的に影響を与えるなという考え方もわかるけどさ

電話を切った後、勝手に飼う事に決め、箱の中でうずくまっている鳥((暫定名)ピッピちゃん)に 病院に連れて行くからもう少し辛抱してくれな と言うと 返事をしたような気がしました。

家から徒歩3分のホームセンターで鳥かごと餌を買って、家で組み立てました。これに入れて、獣医の先生のところへ連れていくのです。

カゴに移そうと、仮住まいのダンボールを開けたところ、すでに冷たくなっていました。
夫婦で暫く呆然とした後、妻は声を抑えながらも泣き出してしまいました。

その夜 こっそりと 椿の樹の下に埋めました。

無力って辛いですよね。この病気に罹って以来、人前で感情を出すことがほとんどなくなりましたが、人がいない所では起伏というか、激しく気落ちして声を詰まらせて泣くようになってしまいました。(暫定名)ピッピちゃんを埋めた夜、風呂の中で泣き続けました。

毎朝、墓の前で行ってくるよと心の中で声をかけています。 本当にごめんなさい。力不足で。

(暫定名)ピッピちゃんの生前の姿

追記

中学の同級生で今は獣医である友人とフェイスブックでチャットで、今回の事の顛末を話してみました。鳥にとっての1日は犬や猫の1週間に相当するそうです。
野鳥の治療は専門医でも難しく、3日間も生きたのは頑張ったのではと慰められました。 ありがとう Oさん 。
彼女の言葉で少し精神的な落ち込みから救われた気がしました。

(暫定名)ピッピちゃんのお墓

小さな2つの石がピッピちゃんのお墓です。
早咲きの椿の花びらしか手向けられなくてごめんね。






関連記事

| リハビリ生活 | 00時13分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント:

http://garageofficediy.blog.fc2.com/tb.php/26-9630e877

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
澪の出会い