| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

もう床の施工なんて言わないよ絶対  (床施工編 前編)

連休は如何おすごしでしょうか?

今回は床の施工法を2回に分けてポストしていきます。
1回目は床面を上げて、下地合版を貼るまでです。

何回か触れましたが、元々店舗だった場所を車庫にした、この建物は床はコンクリート土間になっています。車庫として使用する場合は問題はないのですが、事務所として使用する場合は2つの問題が生じます。

①底冷えがする。とにかく寒いです。これを暖房で補うには石油ストーブが必須ですが、この場所で使うのは東京都の条例に反するのと、扱い商品のストックを考えると危険なので、床を持ち上げ、空気層を作ることで、底冷えを防ぎます。

②実はこの土間は平面ではありません。数カ所で隆起と陥没があったため、直接、床材を引くと板が波打つようになります。人間の並行感覚に悪影響を及ぼすので、根田を這わせる際、上面で水平を出し、下の陥没部にかましとして木片を入れて強度を確保します。

通常の家屋の場合はきちんと土台があってその上に空間を作って、根田を這わせるのですが、車庫からの改造の場合、そこまでやると大掛かりになりすぎるので、上記のような方法をとりました。

●根田張り

これが施工前の状態です。
施工前

根田張り後
s-20120322 011

分かりにくいですが、4辺のうち、玄関部分を除いて壁に沿うように2X4の板を張り巡らします。この際に、木材には防腐・防虫塗料を塗っておきます。四隅は金属金具で固定しますが、土間への固定はしません。張り巡らした枠を抑えるような長さに調整した横木を45cm間隔で固定していきます。これも金具で固定していきます。

s-20120329 001

大まかに組んだ後板を載せ、水準器とゴムボールで水平を確認します。水平が出ていなければ、木片をかましてバランスを取ります。

s-20120329 003

一番凹んでいるところで4cm以上持ち上げることになりました。木片も金具で固定します。

s-20120328 004

こんな感じで水平が出たところへ下地合版(12mm)を固定していきます。この状態でも人間が歩くとタワミ感がします。

s-20120329 004

しつこいくらいに水平を取りまくりました。

s-20120326 004

木片を捨てずに取っておいた甲斐がありました。

こんな感じで、すべての合板を貼り終わるまでまる1週間ほどかかりました。
次回は僕のわがままから更に作業が続きます。

とりあえずおつと思われた方はポチお願いします。



人気ブログランキングへ

それではおやすみなさい












関連記事

| リノベーション | 04時03分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント:

http://garageofficediy.blog.fc2.com/tb.php/32-91ae2b73

| PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
澪の出会い