FC2ブログ

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

初めてのぼろガレージ選び

2012年1月に入り、ようやく前入居者の退去が完了したので内見が可能になりました。

手前のシャッター2つ分が車庫です

ここが、噂の”車庫”です。手前シャッター2列分が対象になります。

事務所リノベ+002_convert_20120216010744


シャッターが錆び付いてクレ556を吹き付けながら苦労して開けること10分。
中は昭和のままタイムスリップした空間が・・・
正面ドアは木製引き戸4枚で、こちらも開閉にすごくコツが必要です。
昭和の典型的な長屋形式商店の構造です。

それもそのはず、今でこそ住宅街ですが、戦前は芸者街で、空襲でかなり焼け、その後、朝鮮特需を境に急激に町工場が周辺に増え、その住民の為の商店街が形成された頃の建物です。因みに焼け残った芸者見番歌舞練場は、改装されて会計事務所として使われています。この場所はねじ屋⇒青果店⇒倉庫と変遷したそうです。そんな歴史を聞きながら中を見てみます。一応ここは築46年(自称)なっていますが、どうやら、もう少し古いのではないかと思われます。

右のベニアが打ち付けられている部分が、外から見えた手前のシャッター裏側になります。なんで、こんな事をしてるのか理解できませんでしたが、不動産屋さんの説明によると何かで支えていないとシャッターを開けた場合、ドアが外れ通りに倒れる危険性があるためだからだそうです。
正面ドアは木製引き戸4枚で、こちらも開閉にすごくコツが必要です。

209_convert_20120216011019.jpg

この様にレールが曲がり、土台のモルタルが崩れかけています(-_-;)

もちろんこれだけではないので、明日も続きます。





起業 ガレージ 物件
関連記事

| 物件さがし | 01時38分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント:

http://garageofficediy.blog.fc2.com/tb.php/4-fc156692

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
澪の出会い